• スタッフ

【事例紹介】職員力向上プロジェクト@鎌倉市

自治体での委員や講師の事例を紹介します。


平成26年11月、鎌倉市 行革市民会議の専門委員として会議に参画すると共に、講師兼ファシリテーターとして、「職員力向上プロジェクト」をリードしました。


このプロジェクトは、行財政改革を目指す鎌倉市の考え方に基づき、職員と組織の質を高め、生産性の高い業務体制を構築し、住民福祉の向上につなげていこうとするものです。


【主な実施内容】

若手職員(非管理職)を中心にプロジェクトを検討するメンバーを募集 ↓ ■第一回プロジェクト

職員や組織の課題出し

課題に対する取組を体系化


■行政改革市民会議 第一回プロジェクトによって洗い出された課題を発表 課題についての指摘事項を受け、今後の取り組みについて検討


■第二回プロジェクト

前回のプロジェクトの振り返り

課題をさらに整理、「職員組織の課題解決への取り組み」「協働実現のための取り組み」に体系化

6つのグループに分かれて、課題及び解決策を検討→大きく3つに集約


■課長向け研修

実際の取り組みに向けての進め方の確認

・担当部署

・けん引役

・スケジュール


■第三回プロジェクト

これまでの討論に基づき、具体的な取り組み内容を検討・発表。

・各課での取組策定は、全76課で合計の取組数は1238件となりました。


■その後

平成28年まで、残業時間の多い課を対象に、業務改善に特化した小集団改善活動の実施や研修などにつながり、改善活動を実施しました。


詳しくは、鎌倉市のホームページをご覧ください。



【実施した役割】

研修当日の講師・ファシリテーターだけでなく、担当する行革推進課に対して、プロジェクト設計へのアドバイスから市長や行革市民会議での説明の補助など。


 

ビズデザイン大阪では、自治体でのプロジェクトへの参画・アドバイザー・委員の実績がございます。


第1セクター(公共部門):市議会議員+行革や政策評価、市民協働の専門委員

第2セクター(民間部門):会社経営+経営コンサルタント

第3セクター(非営利部門):NPO経営+ヤフー 社会貢献ユニットアドバイザー


大学非常勤講師、といったこれらの経験を活かした着眼点と視点をご提供致します。


「こういったことで困っている」「こういうことをお願いしたい!」など、お気軽にお問合せ下さい。

まずはお話をお聞かせいただき、困りごとに寄り添ったご提案をさせていただきます。 ▼サービス内容 https://www.biz-design-osaka.com/service

▼お問い合わせ

株式会社ビズデザイン大阪

https://www.biz-design-osaka.com/contact

FB:

https://www.facebook.com/tomoda.kei

Twitter:

https://www.facebook.com/tomoda.kei


閲覧数:31回0件のコメント