はっぴーの家ろっけん

March 9, 2018

神戸の長田で面白いことをやってそうな人がいるので、先月、見てきました。

 

多世代型介護付きシェアハウスという、なんやらようわからん施設を運営している首藤さん

その名もはっぴーの家ろっけん


それは、長田の寂れたシャッター商店街の中にあります。

 

外観は緑のビル。看板も表札もなく、何の場所かよくわかりません。

その意図を尋ねたところ、「看板をかけることで、イメージが固まってしまうのが嫌だ」とのこと。「どんな人でも入れるようにあえて掛けない」って、オモシロイ!

 

この人が、代表の首藤義敬さん 。

 

1階は多目的ホール。写真では見えづらいですが、ピアノがあり、ゲームがあり、卓球台があり、高齢者がご飯を食べていたり。この日は、大学生が勉強?研究?のために打ち合わせしていました。

まさしくカオス。

 

各階はこんな感じ。階ごとにテーマが違いますし、部屋ごとに壁紙が違う面白い作りです。

個人が自分の好みに応じた部屋を選べる仕組み。

 

どんな場所か詳しく知りたい人は、こちらの記事を読めばよく理解できます。

 

とにかく行くと楽しいです。

行くと多様性って大事やなーと実感できます。

 

多様性=カオス

 

ここの場所があるから、小学生がよってくる、アメリカ人が移住してくる。

色んなことが起こり始めています。

 

そういう場こそが、イノベーションの源泉なんだと改めて理解しました。

行政担当者や大企業の人は行くといいと思います。

 

 

新長田は、 駅を降りれば、鉄人28号、商店街には三国志。

 この共通項わかりますか?

 

 

 

漫画好きの人には、すぐわかると思います。

答えは、漫画家の巨匠、横山光輝氏。

 

長田はカオスなまちですが、はっぴーの家というカオスな拠点ができて、益々カオスになりそうです!

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

民泊はじめました!

March 1, 2019

1/10
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive