• 友田景

「未来高松市」政策コンテスト


2年ぶりにNPO法人ドットジェイピーの「未来自治体」若者政策コンテストの講師。

今回は、未来高松市。20年後の高松市のビジョンと政策を考えるコンテスト。

今回は参加者の半分以上が中学生というはじめての試み。 中学生は体裁など気にせずに思ったことを率直に言うから面白い。 市役所職員にとって、辛辣な意見。

自治体は、そもそも中学生向けの施策なんて、学校教育以外にまともにちゃんと打ってないことがよくわかる。子どもへの施策の実際は、その親であり、家庭であり、世帯向け。だから中学生には響かない。

そういう意見を子どもの戯言として捉えるのか、市民の意見として捉えるかで、大きな差が出るはず。

未来志向のまちづくりをするなら、当事者が誰かを明確にしないと。 でないと地域創生なんて、できるはずかない。 これからの地域を創って、担っていくのは、誰だ!?

#講師

45回の閲覧