NEWS & UPDATES

May 9, 2019

4月21日の読売新聞の石川面に掲載されました!

「地域白書 七尾再生の端緒に」

February 28, 2018

 昨日から日経新聞で「大廃業時代」の連載が始まった。
1月にはダイヤモンドで、廃業承継の特集が。

後継者の育成は経営者の使命。
部下の育成は上司の使命。
でないと組織の成長はない。

そのことに気づいてない、取り組んでない組織が多すぎる。だからこんなに問題に。
管理職の人事評価は、部下の育成を半分にすべきだ。
人の成長が組織の成長。

大廃業時代は、経営者が目先のことだけ考えてきた大きなツケ。

自社だけでなく、取引先を含めて、近視眼的な経営をしてきたのが原因。

さあ、そのツケをどうやって支払うか、企業、業界、地域の知恵と力量が試されてる!

December 18, 2017

副業と言っている間は、ダメだと思う。
きっとこんなことが多く起きる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171217-00000001-fsi-bus_all

副業ではなく、兼業にならないと。
それもいくつもの。

終身雇用の時代はとっくに終わっているのだから、兼業できない、多様な働き方ができない会社は人気がなくなっていくはず。

パラレルな働き方、ポートフォリオのある働き方が、これからは求められていると実感しています。

特に中小・零細企業では、フルタイムを1人雇えなくても、週に2日や3日は高スキル人材を求めている企業はたくさんある。

兼業農家を代表するように地方(田舎)には、昔からいくつもの仕事を掛け持ちする人がたくさんいた。

農業もするし、漁業もする。
漁業もするし、民宿もする。
...

December 9, 2017

長谷川圭氏(中心市街地商業活性化アドバイザー)のブログより。

『私は若い感性なんて絶対信用しない。いつまでも、子供たちに愚作な商業活性化を教える大人たち』

単なる賑やかしでは活性化しない。
商店街も時代にあったビジネスを展開しなければいけない。
イベントは非日常。ビジネスは日常。
イベントで儲かるのは、イベントをビジネスにしているものだけ。
誰を顧客として、どんな価値を提供するのか?若者を呼び込みたければ、自分達の価値観で使うのではなく、若者や子育て層のニーズ(潜在的)がどこにあるのかを探り当てることをすべきであり、でないと適切な対策にならない。
大型スーパーでさえ、Amazonを代表するネットショッピングに対抗できずにいる時代。
商店街には機能と価値の再編集が求められている。

November 11, 2017

やはり会社がなくなると経済的なマイナスのインパクトは大きい!
(最下部の新聞記事を参照)

起業も大事やけど、事業承継に支援の軸足を移すべきなんじゃないのかと、ずっと感じている。

事業承継の問題は、銀行などの金融機関が最も影響がある。企業がなくなれば、金を貸す先がなくなるので、銀行のビジネスは成り立たなくなる。近い将来、地方から金融機関がなくなると言われているのは、それが理由だ。

起業することは、ある意味で容易い。会社を継続することの方がずっと難しい。

確かにどうしようもない会社で、早く潰れた方がいいと思う会社もあるは事実。

ただ、救える企業があるのであれば、ひとつでも救うことが、地域への影響は少ない。

起業してから、既存企業のように雇用を生み出すビジネスにするには、時間がかかる。

そういう意味でも、既存企業を大事にする...

November 3, 2017

教育が最も保守的な業界であり、そういう意味では、最もイノベーションが起きる可能性がある!
学校教育でできることは多い。学校教育は、多くのことを見直す時期にきている。

「話を聞きなさい」なんて指導は本当は間違っている

(2017年11月1日配信 WEDGE Infinity)

===========================

「話を聞きなさい」なんて指導は本当は間違っている

公立中学が挑む教育改革(1)千代田区立麹町中学校・工藤勇一校長インタビュー

多田慎介 (ライター)

東京のど真ん中に、一風変わった校長先生がいる。全校集会ではパワーポイントを使って生徒たちに「プレゼン」し、夏休みに課す宿題は最低限の作文だけ。外部企業や研究者、大学生などを巻き込んだ「オープンイノベーション」にも積極的に取り組む。驚かされるの...

October 19, 2017

ESG投資をご存知ですか?

企業の環境(Environment)や社会( Social)、企業統治(Governance)への取り組みを評価して、投資の対象とする。企業の見えない価値に着目している。まさしく、社会的価値の可視化と言っていい。

10月18日の日経新聞には、この記事が1面のトップを飾った。

そのESG投資が、世界の運用資産の3割に迫るという。

リーマンショック後からESG関連銘柄は、市場平均を上回っており、市場の評価も高い。

東芝に続き、日産自動車や神戸製鋼などの大企業にガバナンスの問題が露呈した。株価も急激に下落している。

これだけ情報化が進む中で、もはや隠し事を続けることは不可能に近い。

見えない価値こそ、企業の信頼につながり、長期的な繁栄につながることは、かなり証明されてきている。

October 1, 2017

気になるニュース 「ギャンブル依存 疑い3.6%」9月30日 日経新聞 朝刊 38面

生活の身近にあるパチンコ・パチスロの影響がもっと多いようだが、競馬・競輪・ボートの公営ギャンブルもある。普段の生活に近いものが一番お金を使いやすいようだ。

これまで、内閣府の子ども・若者育成支援推進事業や厚生労働省の生活困窮者自立支援事業などに関わる中で、様々な依存症のケースを聞いてきた。

その中で圧倒的に難しいと感じるのは、法に守られている依存症である。法に守られているのは、アルコール、ギャンブルであり、法に守られていないのは、薬物である。

薬物は法律で禁止されているため、薬物依存が発見されたときには逮捕され、強制的に隔離される。しかし、アルコールやギャンブルは、法律で禁止されていないため、発見されても強制的に隔離されるわけで...

July 8, 2017

以前、「会社は頭から腐る」という本が売れましたが、今朝の日経新聞の記事の見出しは、「会社をつぶすのは経営者」とある。まさしくそうである。2年間、事業再生の仕事をしてきたが、経営者がダメだから会社は再生に陥るケースばかり。

記事には、経営者の年齢が上がるにつれて、減収企業、赤字企業の割合が増えるデータがあるようで。やはり事業承継を急がなければ、地域経済を維持することは不可能だと再認識しました。

Please reload